ミニチュアシュナウザー

■原産国  ドイツ
■体重    6~7kg(小型犬)

ミニチュアシュナウザーの特徴

ミニチュアシュナウザーは、正方形に近い体型で頑丈なのにすばやい動きのタフな犬種です。

好奇心が強くて遊び好きなのですが、警戒心があり勇敢な上に愛情深いです。

二層構造の被毛は、上毛がワイヤーのように硬く、下毛は密集しています。

脚、鼻、眉の部分は、上毛が長くて更に鋭敏な表情にしてくれています。

この犬種は、唯一テリアの中でもヨーロッパの島々の犬を祖先犬に持たず、スタンダードシュナウザーとアーフェンピンシャーを掛け合わせています。
また、プードルを掛け合わせた可能性もあるといわれています。

ミニチュアシュナウザーの歴史

ミ二チュアシュナウザーは、19世紀後半にドイツで農作業やネズミ捕りのために作られました。

名前は「シュナウザー」という犬の名前に由来しますが、ドイツ語の「小さいひげ」という意味でピッタリの名前だったようです。

アメリカでは唯一テリアグループに属していますが、イギリスでは他のシュナウザーと同じユーティリティーグループに属しています。

スタンダードシュナウザーやジャイアントシュナウザーがアメリカにやってきてからかなり後になって、ミ二チュアシュナウザーはアメリカに渡ってきました。

しかし、第二次世界大戦後には、ミニチュアの人気はアメリカで三番目に上がりました。

現在もその人気は衰えず、ショードッグなど幅広く活躍しています。

 

 

さいたま市ペット火葬、さいたま市見沼区、犬、訪問、出張

 

犬種|ミ二チュアシュナウザーのペット火葬

埼玉県さいたま市見沼区にお住いのE様の愛犬が、16才で天寿を全うして亡くなりました。

翌日朝、優眠でペット火葬をさせていただきました。

愛犬みっくんのご冥福をお祈りします。

埼玉ペット火葬の優眠 スタッフ一同|2016年4月 さいたま市見沼区|