アメリカン・コッカースパニエル

■体重 10~14㎏

アメリカン・コッカースパニエルの特徴

 
被毛は、
ストレートタイプと少しウェーブのかかったタイプがあり
絹糸のような美しさで、

イングリッシュ・コッカースパニエルより長く毛の量が多いようです。
頭の形と愛らしい顔の表情は、トレードマークといえます。

小柄でがっしりとした体を持っていて、
力強く軽快な歩き方が特徴的、
尾振りも含めて魅力的な犬種ですね。

 

アメリカン・コッカースパニエルの歴史

 
19世紀後半に祖先となる
イングリッシュ・コッカースパニエルがアメリカに持ち込まれました。

当時は猟師たちが小さな鳥を獲物としていた為、
小柄な犬を必要としていた頃でした。

1880年頃に生まれた「オボII世」が、
アメリカン・コッカースパニエルの始まりだったという説や

イングリッシュ・コッカースパニエルと
小さなトイ・スパニエルを掛け合わせて改良されたという説もあります。

しかし、

小柄なコッカー・スパニエルにどうやって改良していったのかは、
正確にはわかっていないようです。

もともと同じ品種と考えられていた
アメリカン・コッカースパニエルと
イングリッシュ・コッカースパニエルは、
1935年にAKCにより公式に別犬種として区別されるようになりました。

コッカー・スパニエルは人気のある犬種でしたが、
この公式区別によって人気に拍車がかかり、
今でもアメリカでは人気のある犬種として知られています。

その人気から、
ブラック、パーティカラー(白と他の色との2色模様)、
アスコブ(ブラック以外の1色模様)という
3種類の色の区別までされるようになりました。

そしてイギリスにまでその評判が広まって、
1968年にはEKCからも承認されました。

 

犬種|アメリカン・コッカースパニエルのペット火葬

 
埼玉県坂戸市にお住いのR様の愛犬が亡くなり、
優眠でペット火葬をさせていただきました。

愛犬「かれんちゃん」のご冥福をお祈りします。

スタッフ一同|2016年5月 坂戸市|