猫の種類を紹介 ペルシャ

■体重 3~6㎏

ペルシャ猫の特徴

 
ペルシャの特徴といえば、猫の中でも一番の美しい長い毛です。
首や耳の周辺としっぽの周りは長めの飾り毛が多くてボリュームがあります。
被毛は艷やかで厚みがあり、手触りがやわらかくてなめらかですよね。

毛色は多くのカラーが認められています。
「ブラック」「ホワイト」「チョコレート」
「レッド」「ブルー」「ライラック」
などがあります。

眼の色は毛色によって異なります。

「サファイヤブルー」「ゴールド」「グリーン」
などがあります。

そのなかでも、

「ゴールド」や「シルバー」の毛色を持つペルシャのことを
「チンチラ」と呼びます。

ペルシャは、とても温和な性格の子が多く、
わがままを言う事もほとんど無いと言われています。

「大きな声で鳴かない」「部屋を走り回る事も少ない」と言われ、
「猫の王様」の名にふさわしい優雅な振る舞いです。

遊びが大好きなのに運動量がそれほど多くなくて、
疲れるとお気に入りの場所ですぐに眠ってしまいます。

日ごろからおっとりしている事が多いので、
マンション等でも飼いやすい猫ですが、

肥満になりやすいので、食事と運動のバランスに
気をつけてくださいね。

ペルシャと暮らす上で注意する点は、

長い被毛を綺麗に保つために、
1日に1回以上のブラッシングやコーミング
をしてあげるとよいでしょう。

また、潰れたような鼻を持つのに、
鼻涙管が圧迫され涙が出やすいため
目やにになりやすいのですが、

そのまま放置していると、
目頭の下の被毛が焼けて変色する事があります。

できるだけ、こまめに目やにを取ってあげるとよいでしょう。

ペルシャ猫の歴史

 
ペルシャの起源には様々な説があります。

ターキッシュアンゴラと
ペルシャ(現イラン)に土着していた猫
を交配させた事で誕生した猫が

ペルシャの起源だという説が有力とされています。

他にも、イランからアフガニスタン辺りに
生息していた猫と交配させて誕生したという説や

トルコからヨーロッパに輸入された猫が
基になっているという説もあります。

その後、ブリーダー達の手によって品種改良がおこなわれ、

現在では「猫の王様」と呼ばれるほど
人気となる猫の種類になりました。

 

 

ペルシャ1

 

 

ペルシャ子猫1

 

 

ペルシャ2

 

 

 

 

さいたま市でペルシャ猫のペット火葬

 
埼玉県さいたま市北区にお住いのM様の愛猫が亡くなり、
優眠でペット火葬をさせていただきました。

愛猫はなちゃんのご冥福をお祈りします。

スタッフ一同|2016年3月 さいたま市|